【自宅に井戸を掘ろう】井戸工事の種類や施工内容を徹底解説

地下水を確保する設備

工事用品

工事にかかる費用や準備は

近年では防災意識も高まり、防災に備えての井戸工事を行われる方が増えてきました。井戸があることで、災害緊急時には洗い物やトイレの排水といった生活雑用水になるためとても重宝し、日常的にも庭や畑の散水として使えるので、あって困る物ではありません。それに飲料水として使えるのであれば、水道代も安く済むことや、緊急時や災害時には水が使えないという問題も解決できるでしょう。井戸工事を行うには専門の業者に依頼することになりますが、費用はいくらかかるのが、誰もが心配するのは当たり前です。一般的な井戸工事にかかる費用については、30万円から80万円が相場となっています。掘削工法や井戸径、掘削深度によって相場がかわってきますが、他にも機械の搬入と設置、ポンプの設置、配管などの費用がかかり、しかも業者によって費用がことなるため、一概にこれだけの費用がかかるとは言えないのです。そのため、業者によっては100万円を超えたり、場合によっては200万円近くかかるところも存在するため、事前の準備をもって井戸工事業者を決めると良いでしょう。たとえば、井戸工事を専門に行われている業者を、できれば数社ほど見積もり依頼をするのがおすすめです。井戸工事にはロータリー工法やパーカッション工法、エアーハンマー工法などがあり、業者によって掘削方法が異なります。それぞれ価格の違いや掘削の特徴などを業者としっかり相談し、納得できる業者に依頼するのが、一番良い方法でもあります。