【自宅に井戸を掘ろう】井戸工事の種類や施工内容を徹底解説

場所や用途で異なる井戸

ヘルメット

井戸工事の際には、水質や水量の調査が必要となります。水の使用目的によって掘る深さや方法は異なるので、専門業者に相談しましょう。地下水を利用できれば、災害時や断水などの緊急時にも困ることはありません。ろ過装置の設置有無によっても費用は異なるので、地下水が利用できるか調査することが大切です。

3種類のさく井工法

井戸

掘る深さによって使い分け

採掘場所が決まったら、井戸設計をして井戸工事に入ります。井戸設計は計画している土地の地層状況を調べ、井戸工事ができる地層か、必要水量は出てくるか、水質に問題はないかなど確認します。それから、計画地で地下水採取に関する法規制や条例がないかの調査も大切です。これらに問題がなければ井戸の口径や深度、取水設備仕様を決め、現地を見て井戸工事の工法を選びます。井戸工事の掘削工法にはロータリー工法とパーカッション工法、エアーハンマー工法があります。深く井戸を掘るのに向いているのがロータリー工法で、トリコンビットという刃先に回転を加えることで地層を切り崩して掘っていく方法です。ビットとロータリー式さく井機はロッドという棒で繋いであり、穴を掘った分だけロッドを溶接によって長く足していきます。掘ったら鉄管を入れていき穴が崩れないようにし、基盤岩の花崗岩に当たったらビットの径を小さくしながら掘り進めます。地盤を柔らかくする際に用いるパーカッション工法で使う機械は、ワイヤーロープの先に2トンほどもある採掘ビットを吊り下げたビーム式さく井機です。穴の中を泥水で満たしロープを上下させればビットが地層を突き崩していくという仕組みです。掘り屑は定期的に除去し、計画通りの深度までいけば穴に鉄管を挿入、その鉄管の周りにはフィルターの役割及び地層の崩壊防止として玉砂利を入れます。狭い場所など小規模の掘削に向くエアーハンマー工法は、エアーハンマー式さく井機の先端に付けた掘削ビットを圧縮空気の力によってピストン駆動させる工法です。掘る作業と同時にケーシングと言われる井戸パイプを打ち込めます。

地下水を確保する設備

工事用品

井戸は災害緊急時にも役立ち、日常的な庭や畑の散水として使えるため、井戸工事を行う方も増えています。井戸工事にかかる相場は30万円から80万円です。他にも機械の搬入やポンプの設置、配管などの費用がかかります。そのため、井戸工事を依頼する前に数社ほどの見積りを行い、納得できる業者に依頼しましょう。

井戸の種類と専門業者

作業員

井戸にも複数の種類があるため、それに対応した専門業者に依頼する必要があります。現在では、打ち込み井戸や、打ち抜き井戸を目的とした井戸工事が一般的です。また、飲料水確保の目的で井戸工事をする場合も、それに対応した業者を選ぶことが大切です。